こちらは歯周病がひどくてほとんどの歯がぐらつきどこでも噛むことの出来ない患者さんでした。

2009-09.9-01

歯周病の初期治療のあと下顎はインプラントと同時に造骨材の移植を行い、上顎は前歯部に大規模な骨造成を行いその後にインプラントをしてなんでも食べられるようになりました。

2009-09.9-0203

残ったご自分の歯もしっかりと機能しております。良かったですね。

2009-09.9-04

2009/09. 9