1月に放送されたクローズアップ現代でインプラント希望の患者さんが全国で激減した!

という話は前回書きました。

これを私は勝手にKショックと呼んで皆に面白がられているのですが、ここに来てやっとその影響も薄れつつあるようです。
現在インプラントご希望の患者さんは遠くからおいでになられている方が多くお近くにたくさん歯科医院もあるでしょうに本当にありがたいことです。
皆さん交通事故やら何やらの様々な理由で骨が大きく無くなった方ばかり。

ラジオグラフィックガイドを作成しノーベルクリニシャンで分析してその場でご説明申し上げました。

スェーデンにサージカルガイドを発注したので次回インプラントと同時に固定性の歯が出来ます。

吸収の激しい顎堤であちこち動く義歯で辛い毎日をお過ごしの方たちにはこの治療は本当に朗報です。
NHKのクローズアップ現代ではインプラントが歯科医師の金儲けの道具として使われている負の側面だけを強く印象付ける内容でしたが事実ではありません。

以前レーシックで衛生面に不備があった眼科が問題になったことがありましたがその後もレーシックはひどい近視に悩まされている方たちへの治療法として全国で盛んに行われており家内もだいぶ前にその恩恵を受け快適に過ごしております。
言うまでもありませんが医療も経済活動の一つに過ぎません。

まともな医療を正当な報酬で行い人々に幸せを与えられるのは医師の業務形態なのです。
その技術を得るために私たちのような零細な開業医は多くの時間と費用をかけ一年中勉強しているのです。
患者さんも様々な情報をもとにお近くの良い歯科医院を選んでいただければと思います。
そうして生涯その歯科医院の歯科医師と良好な関係を結んでいただくことを願います。