ネット時代になって良かったのは今まで闇のベールに包まれていた(?)医院の内容が宣伝とは言えわかるようになったことでしょう。

それでも情報が多すぎるとこれまた選択に迷うのも仕方ありません。
先日見えた方はクレジット会社の女性職員。

私のHPをご覧になって来院されましたが他のを見ていたらいろいろあって結局わからなくなったと仰っていました。これは正直なところです。
10年で5000本もインプラントを入れたとか何でもできるよう毎日努力してますとか威勢のいい言葉がHP上には並びます。
それでも肝心の成功率やたくさんの症例がわかりやすくのっているのは稀です。

HPで努力目標を表明されてもなんだかなあ~とは私の知り合いの意見です。
雑誌を見ていたら全国の病院のがん手術後の生存率が載っていました。

勇気ある公表だと思いました。

歯科医師もそのうち自院の成功率をきちんと公表する日が来ることを思い常日頃きちんと統計処理されることを祈念いたします。