というとぎょっとする方もおられると思うが実際はそう。

断層撮影をしたとしてもある程度の誤差は撮影時につきもので実際の手術時に修正が必要になることが多い。
小生は長い間二次元写真でインプラントを数多くやってきた経験から、実際のオペでの予想もつかない事態への対処には慣れっこになっている。

狭ければ骨を広げればいいし、足りなければ作ればいい。

要するにどうでもなるのだ。
だからガイド治療になった時に一番疑問だったのは微妙な骨幅の時に本当にガイドを信じて無切開でドーンと行ってみよう~でいいのかということだった。
両隣在歯がしっかりしていて固定が効く時はそれでもいいが何となく歯肉がふにゃふにゃの時は確認の意味で軽い切開を必ず加えている。

いやむしろ結構開いていると言っていいくらいだ。

それでも短時間で手術を終えてしっかり縫合を終えれば腫れや痛みは回避できている。

CTがあるから安全で万能だなどというのは唐人の寝言で現実的ではない。

三次元解析ソフトで埋入位置をしっかり決め、しかる後に石橋をたたいてオペをすれば危うからずだ。

何段階もの安全弁を設けて、初めてインプラント手術は安全なものとなると知るべきである。