3月6日から11日までフロリダのタンパに行きAOに参加してきました。

毎年2月末から3月初めにかけて開催される世界最大級のインプラントの学会AOは世界中のインプラント歯科医が集まる一大イベントです。

参加者の中には軍服姿の米国やカナダの軍医の姿も見られ戦時の口腔治療のことが思われます。
さて今回初めての開催となったタンパはフロリダのメキシコ湾に面した都市です。

空港近くにはイチローの所属するニューヨークヤンキースの春季キャンプ場があり大勢のファンで毎日満員だそうです。残念ながら時間が無く行くことは叶いませんでしたが、間近で見る大リーガーと言うのはきっと凄いのでしょうね。

aoo_20130313_02

                         高層建築の間にあった古い教会

aoo_20130313_12

                        街のそこかしこにあった変な彫刻

aoo_20130313_03

子供公園にあった噴水。間欠的に強弱のコントロールがされていました。

aoo_20130313_04

                                   夕暮れのタンパ大学。

学会の初日は大メーカーの提供するシンポジウムが大きなホールで同時開催されあっちに行ったりこっちに行ったりとめまぐるしい会場の移動に明け暮れました。

ノーベルバイオケアでは日本でもなじみの深いウィリアムベッカー先生をはじめとする5人のドクターがかわるがわる症例を提示しながら壇上のひな壇で討論を重ねて行きました。

バイオメット3iでは3Dのメガネを使い手術の勘所を立体映画で見せるという素晴らしい企画で聴衆を驚かせておりました。

aoo_20130313_05

                                    ノーベルの会場

aoo_20130313_06

ノーベルのフォーラムは患者をもっと上手に治療しようでした。ガイドを使って骨造成と即時固定義歯を同時に行う方法を披露していたのは以前Nobel PerfectでこけたUCLAの Dr.Sacha A Jovanovicさん。

aoo_20130313_07

バイオメット3iでは3人の講演者のオペを3D眼鏡を使って立体画像で見せていました。これは効果的!

aoo_20130313_08

3iは変わらずラザーラ博士が引っ張っていました。しばらくですとご挨拶してきました。

aoo_20130313_09

テストーリ先生はいつもの巻き舌英語で聴きとりずらいがオペの3Dは素晴らしい出来。

aoo_20130313_11

                 豪華な朝食を提供していたノーベルバイオケアの会場

ランチになりサンドイッチをほおばりながら会場の傍の海に行くとなんとイルカに混ざり幻の海獣マナティーが泳いでいるではありませんか。

しばし見とれてカメラで何度もシャッターを切ってしまいました。

よくよく見れば”マナティーがいるので傷つけないで!”の看板がありました。

背中に大きな傷があったのは船のスクリューで傷つけられたせいなのでしょう。

aoo_20130313_01

                        船から眺めたコンベンションセンター

今回は時差ボケがいつになくひどく、午後に講演会は遠慮してホテルに帰りしばし休息をとっていると気がつけば外は漆黒の闇ですっかり夜でした。

日本との時差が13時間もあるので昼と夜がちょうど逆で午後は日本の深夜で眠いはずです。

aoo_20130313_10

向こうの12時は日本の午前2時。とにかく昼飯後が眠かった~。