お正月の格付け番組で芸能人が一様に間違えたワインの品定めですが、

正月早々お見えになった患者さんは30年前に入れたインプラントの患者さん。

30年物のヴィンテージ品です(笑)。

 

当時はアメリカの学会に行って最新のインプラントを買い求め使用していたものです。

たくさん購入してトランクに詰め込んで帰っていました。

 

その後日本でも一流品が購入できるようになり今では外国で購入するのは、

おもにドイツ製の手術器具に限られています。

 

きちんと教育を受け正しい手順を踏んで入れたインプラントは今も堂々の現役です。

 

世界中随分足を運び勉強したものだと思います。

アメリカではシカゴにフロリダにニューヨークその他いろいろ。

ヨーロッパではイタリア、スウェーデンにスペイン、ギリシャ、何度も行ったウィーン。

 

ローマは一日にして成らず。

 

若手は井の中の蛙にならぬよう外国でもしっかり勉強してきていただきたいと願います。

最近は時差の関係でアメリカは避けヨーロッパの学会が多い。