9月13,14日と東京国際フォーラムで日本口腔インプラント学会が開催されました。

私も日本口腔インプラントアカデミーの10人の先生たちと一緒に参加してきました。

国際学会に比べて小粒な感じはありましたが充実した二日間でした。
スイスのジュネーブ大学のウィスコット先生の特別講演「機械的負荷に対する骨の反応」が大変印象に残りました。
骨に対するひずみが骨の成長維持に大変重要だということで、インプラントは骨の維持に必要な治療であるということが再度確認できました。