20140320_2ndRaT_forum-01

フォーラム

3月22日と23日の二日間東京品川のコンファレンスセンター品川で上記のフォーラムが開催されます。

バイオメット3iジャパン主催で国内外から著名な講師が大勢集まりインプラント臨床に関する最近の知見や見落としてはいけない大事な事柄を沢山ご披露頂く予定です。
日本のスピーカーではなんといっても小宮山先生でしょう。

「インプラント療法の原点回帰」

という題でお話されるので昨今の流行りを痛切に批判されるのではないかと(笑)

お聞きする前から内容は想像できるのです。私も前にこの欄で長く使っているともう一度見直さねばならぬ製品があると書きました。小宮山先生はどのような話をされるのでしょうね。
さて今回のフォーラムの目玉はコロンビア大学のデニスターナー教授であることは間違いありません。

アメリカの学会でも司会者が必ず”さあ世界で最も有名なスピーカーを紹介します!”と言って始まるのでその大柄でフレンドリーなキャラクターは今や世界の学会にはなくてはならない顔になっているといえます。

小生もその講演を大いに期待してワクワクしている一人ですがそのターナー先生とフォーラム前日に一緒に飯を食うことになりました。
これは昨年の日本口腔インプラント学会でバイオメット3iのアメリカの社長から、先生のグループとターナー先生とでお食事を願えませんかというありがたい申し出を受けこれを快諾したことから実現するものです。

“No buccal bone No implant ! “はターナー先生の口癖ですが先生のアイスクリームコーンテクニックは私もアメリカの学会で聞いてきてすぐに臨床に応用し好結果を得ています。
勉強会の伸び盛りの歯科医師や出入りの技工士も一緒に連れて行き世界の一線の研究者の息吹に触れることで、あすの仕事に大きなエネルギーをもたらすことと確信しています。

グランドプリンスホテル高輪のレストランの鉄板焼きを食べながら楽しくひとときを過ごしたいと思います。

田舎の変な勉強会でオダをあげていても始まりません。

学ぶなら世界水準です。
みなさん、いい勉強会に入っていて良かったでしょう?(笑)