最近かわいい盛りの我が子を無残な折檻で殺してしまう親の事件が多発している。

多くは若くして授かった子供を母親のその後にできた男友達が殺してしまう事例が多いが、これはけだものの世界にはよくあること。

ネコ科はライオンでも野良猫でも父親でないオスが子供を噛み殺すことで雌の交尾行動を引き起こすのが目的だからしょうがないが、

人の場合は単に二人の愛の巣に邪魔になるという理由だからどうしようもない。

こんな連中をネットの2チャンネルではDQNとよんでいる。

我が家のようにやっと子供が出来たような家ではそれこそ猫かわいがり?に可愛がり、大事に育ててきた。

昨今報道される鬼畜としか言いようのない親には終身刑を含む厳しい処分が下されてもしょうがないと思うが実際は傷害致死で数年間の服役で世の中に出てくるのだからやりきれない。

児童相談所を含む国や地方自治体の職員は公務員気質を捨てて助けを求める子供たちを我が子のように思い接するべきで、

手に負えなければすぐ警察に連絡を取り子供の命を守らなければいけない。

刑法を改正し子殺しは厳罰に処すべきだと思う。

ゴヤの絵。わが子を食うサトゥラヌス。