昨日、仙台一高の還暦のお祝いが開かれわたしも発起人の一人として参加してまいりました。

歯科医なので司会をやれという冗談半分で司会の役を引き受けさせていただきました。
集まったのは77人と約二割の卒業生。

仲間が苦労して名簿を作りましたが130名ほど住所がわかりませんでした。

卒後42年の年月の重さを感じます。亡くなった方も20名を数えました。

sixtieth_birthday_01

皆さん定年か定年間際でした。しばらく現役なのは裁判官か私のような自営業だけ。
早く引退したいなあ。

sixtieth_birthday_02

                      卒後42年たっても友情はかわりません。

sixtieth_birthday_03

当日写真を撮ってくれた写真館の友人と毎月例会でお世話になっている鮨屋の友人、それにいろいろ融通をきかせてくれた地元デパートの友人。同級生は頼みになりますね。

sixtieth_birthday_04

        一見恩師と間違えた禿げた友。昔は美男子でしたよ後藤君。

当日は御存命の3名の恩師が出席されました。

70歳からマラソンを始めて骨髄性白血病を患いながら走っている数学の先生には一同びっくり。

凄い根性です。まだまだ25年は持ちそうですと申し上げました。

また50歳を過ぎて車の運転免許をとり、60歳を過ぎてパソコンを始めたという生物の先生は77歳で自慢の謡を朗々と披露してくださいました。

我々とあまり年の変わらない兄貴分だった体育の先生はあだ名がブラックで一年中スキーをしていたので顔が真っ黒でしたが今もお顔が日焼けているのには笑わされました。

前立腺がんで闘病中だそうですが延命治療はせずに成り行き任せだそうでさすが一高の先生は肝が据わっていらっしゃる。

sixtieth_birthday_05

急性骨髄性白血病でも元気にマラソンをしている数学の先生。大丈夫まだまだやれますよ。

司会の傍ら旧交を温めましたが皆さん禿げた以外顔は変わっていません。

これが中学校の同級会と違うところです。あの時は誰が誰やらさっぱりわかりませんでした。

わたしは田舎からバス通でしたので神童などとからかわれていましたが昨日も皆に言われました。

「伊藤君は神童で優秀だったよなあ~」単なる誤解です。はは。

絵が得意だったのを皆さん覚えていててっきり芸大に行ったと思っていたそうです。

名より実をとりました。期待に添えずごめんなさい。
60歳で皆さん定年です。でもとても若い年寄りばかりでまだまだ一花咲かせていただきたいと思いました。

歯が抜けたのでインプラントを安く入れてくれとたくさんの人から言われましたのでしばらくは利益なしでやらないといけなくなりそうです。

まあしょうがないか。