先日インプラントを行った患者さんは骨の厚みが4ミリ弱。

これだと通常は自家骨の移植か代用骨による骨造成が必要です。

 

それでもノーベルガイドで正確に埋入方向を決め2ミリのバーで方向を決めた後

ガイドを外してマグネチックマレットで骨拡大を行った結果無駄な造骨手術をせずに済みました。

様々な道具がないと患者さん本位のインプラント治療は難しいですね。

そのための外国での研修になります。

若い先生は積極的に外国に出かけて新しい道具を学んでください。

百数十万もする器械ですが患者さんのためには欠かせない骨拡大の道具です。