抜歯後やだめになったインプラントを除去した後の骨欠損には従来様々な移植材が使用されてきました。ゴールドスタンダードはもちろん自分の骨ですが、大量に移植するときには取る部位によっては腫れや痛みが伴うこともあるので熟練した歯科医師の手によることが望まれます。

日本で大学病院に行けばまず勧められるのが腰の骨を取る腸骨移植術です。腰の部分から大量に採取しますので当然入院をして全身麻酔下で行います。腰のところを切開して開くので大きな傷が残り退院後も歩行に支障をきたすことがあります。腸骨は柔らかいので移植後に吸収が多いと言われ今ではあまりやられてはいない様子です。

その代わりに代用骨が世界的に広まってきました。バイオオスやセラボーンそれにベータTCP,DFDBと言ったもので安価なものもありますが概してそれなりに高価なものです。それ以外にも特殊な膜を使用して自家骨を誘導再生するGBRも私のところでは行います。インプラント手術にはいろいろなテクニックが必要で一朝一夕には取得できないのできちんとした先生について一から勉強することが絶対に必要なのです。

急がば回れです。

img_01

代用骨の代表バイオオス。欧米のスタンダードと言われています。日本でも歯周病の骨欠損に厚生省の認可が下りました。