マスクも10万円もいまだ来ずだが、車の税金だけは音速の速さでやって来た。

取るほうだけはしっかりとるが、支払いは遅らせるだけ遅らせるいやらしい国ニッポン。

明治の初めに官僚を作る目的で作った東京帝国大学。

その中の最も試験の点数の良いのが大蔵省現財務省に入る。

出世競争に敗れたものはたんまりある天下り先に二年ごとに下り莫大な退職金をもらう仕組み。

だから庶民のことなどどーでもいい文化が熟成された。

高級官僚のための日本国。

新聞記者との接待麻雀で辞めさせられた検事さんは珍しく人間味のある人気の官僚だったようだが

思わぬところで寝首を書かれた。まさか身内に刺されるとは思わなかったろう。

記者を見たら泥棒と思え、だ。