インプラントの難症例平たく言えば難しい症例は、骨が無い方ではなくインプラントをやりたいが身内や知り合いに手術後の経過が悪い方がいて

どうにも怖くてふんぎりがつかないという方です。

そのような方にはノーベルガイドで分析してピンポイントで埋入出来、安全に早く手術が終わることを丁寧にお話しすることで不安が解消するということを良く経験いたします。

nobelclinician_20111214_02

nobelclinician_20111214_01

ノーベルクリニシャンによる症例分析画像です。

roentgen_20111214

術前術後のレントゲン像です。
右側は傾斜埋入し左側はサイナスリフトと同時インプラント埋入です。
こちらの方も知人がサイナスリフトを受けて失敗しひどく腫れたので骨造成にとても心配して来院されました。

結果は術後の腫れや痛みもなく心配は杞憂に終わりました。