と聞くとちょっと前までは米朝だったが、先日の徴用工判決や韓国軍艦の北の船への瀬取り疑惑を自衛隊の哨戒機に見つけられてからの韓国のうろたえようは凄まじく、もはや一戦交えぬことには気が収まらぬと言った有様には笑うしかない。今は日韓が開戦前夜のようです。

明治の御代に福沢諭吉がシナ、朝鮮とは付き合ってはいけません、なぜなら道徳に欠け、約束を守ろうという意識が全くない国だからと言っていたのがいまさらながらに思い出されます。

朝から晩まで息を吐くように嘘をつくと言えば朝日新聞のことだが韓国も何やら似てきたのは可笑しい。日本に観光客が700万人も来て親日の国民だと思うのだが、国と国になると嫌日に一変するのは不思議。

古代にシナから渡来した儒教は朝鮮半島に根付き差別思想として確固たる地位を築いたが、日本では朱子学が栄えたのでその被害にあうことから逃れられたのは良かった。いまだに半島人は日本に文明を教えてやったのは俺たちだという間違った思い込みが強い。半島はただ通過しただけ(笑)。

朝鮮半島から出土した5000年前の土器は日本製だったのをきちんと学校で教えるべきでしょう。文明は日本から半島に渡ったのです。

絶対に瀬取りをしていた北の船と韓国軍艦。哨戒機に見られたので狂ってレーダー照射をしてしまった。