インプラントも昔は大きく歯肉を切開剥離してインプラントを入れていた時代があった。
その結果痛みや腫れがしばらく続き患者には何とも不快な治療でもあったろう。

いまだにそういう主義の人もいるがこれはそのドクターのやり方だから何とも言えない。
一方骨移植や骨の拡大をするには今も歯肉を切開して大きく剥離し処置をする必要がある。

それでも手術時間の短縮や適切な薬剤の使用で最近では腫れや痛みはほとんど抑えることが出来るようになった。
骨幅が狭く大きく骨移植をする必要のある患者さんのインプラントを昨日行った。

それでもノーベルガイドで分析し骨を垂直に超音波で切削すると十分な骨を残してインプラントできることがわかり手術は簡単に終わった。

今日洗浄に見えたが腫れも痛みもなかった。
インプラントを簡単にするも難しくするにもひとえにその術者の技術であることは論を待たないがそれを支えるのはCTをはじめとする医療機器の進歩だ。

すべてがかみ合って患者さんの身体に優しい医療が行えるのでうちは身体に優しい治療をしていますよとHPでいくら言ってみても額面通りには受け取りにくいと言うのが実際ではないだろうか。