皆様あけましておめでとうございます。良いお年をお迎えのことと思います。

小生は先日ついに大台を突破しました。60歳、還暦です。
昔からこの歳を境に子供に戻ると言われていますがちっとも歳をとった気がしないのは不思議です。

それでも鏡の中の自分はしみやしわも増え老化は明らかですがきっと気持ちが若いのでしょう。
実家にあった高校1年の時の年賀状を読み返すと芸大に行ったO君から「勤画信念」とありました。

頑張って漫画を描こうという激励と決意の表明です。
こういうのを読み返すと青春時代がまざまざとよみがえりますね。

ついでに当時流行っていた歌も思い出します。

カルメンマキは良かったなあ。”時には母の無い子のように”とか”山羊にひかれて”とか。

覗きで捕まった劇団天井桟敷の寺山修司と、田中未知の作品だったなあ。

歌い方が何となくけだるくて投げやりで。。。。

大人の世界と子供の世界のどちらにも順応出来ないその頃の自分に不思議に符合する歌い手でした。

newyear2013

時には母の無い子のようにでレコード大賞をとった翌年ロックに転向したのには皆びっくりさせられたカルメンマキさん。一つ年上だが今でも十分にきれいです。ライブでバリバリの現役のようで一度見に行きたいもの。

さて仕事始めの昨日。突然コンプレッサーがストライキを起こしました。

タービンも駄目、バキュームも駄目では歯医者の仕事は上がったりです。

秋田にいた業者が大雪の中、代わりのものを持ってきてくれたのが6時過ぎで一日開店休業状態でした。

インプラントの患者さんは翌々週へ移動です。

受付嬢が休み明けすぐにインプラントを入れていたのにはびっくりで予定を見たら毎日入っています。

今年も変わらずこき使われそうですが4月には技工士の資格を持つ新人の衛生士君が入るので仕事が多いにはかどおりそうで楽しみです。
今日も午後からインプラントの患者さんを終えこの駄文をものした後、家でレコード三昧です。

カルメンマキの古いレコードでも取り出して聴こうかな。

皆様良いお年を!