先日懇意にしている薬局の社長さんのところに薬を買いに伺った時の話。「先生。東北大学の歯学部卒業の歯科医の人で何とかさんをご存知ですか?」と聞かれたので、いいえ存じ上げませんが何か。と聞いたら社長の親せき筋ということでお金を貸してくれないかと言って訪ねてきたらしい。仕事場に帰ってきてその何回生だかの名簿を見たが何度見てもそういう人は見当たらない。変だな?と思っていたらそれからほどなく社長さんが治療に来られ、なんとその男は常習の結婚詐欺士で数千万円の悪事を働き、7年ほど刑務所に入っていて出てきたばかりだったそうな。話は全部ウソだったらしい。

悪いことをする人間はたとえ刑務所に入ったとしても成功体験が忘れられず、生涯ズルをしながら生きて行くのだなとあらためて思ったことではありました。寸借詐欺にご注意を!

これは可笑しい。誰かがネットに上げてました。