先日私が定期的に行っている郡山のノーベルガイドプランニング教室に来ておられる先生が、難しい症例の御相談にわざわざ福島からお見えになりました。

インプラントをしたいのだが骨があまりない症例です。

コンピューターに入れたCTデーターを使用しノーベルクリニシャンで御自分で設計してお見えになりました。

早速拝見させていただくと短いインプラントが設計してあります。

画像をくるくる回転してみると御本人の想像以上に長いしっかりしたインプラントが使用できそうです。

これなら抜歯後で委縮した柔らかい骨にも安心して使用できそうです。

ガイドの設計に慣れてくると自分でも意外なところに埋入でき力学的な安定度が増すのに驚かれると思います。

今度お邪魔するときに私のデーターをたくさん持っていき実際に皆さんに実習して頂こうと思います。

ピンポイントで自由に設計できるのはノーベルガイドの特徴なのでぜひ慣れていただき、患者さんには全症例使用していただきたいと思います。

転ばぬ先の杖ですから。