長いことインプラント治療をやってきた経験から言えることは、大メーカーだから信頼できるものではないということ。市場は常に新しいものを求めメーカーは市場におもねって開発を進める傾向がある。だから有名なインプラントの学者が昔の機械研磨時代のブローネマルクコンセプトに戻れなどと言うことを論文に書いたりしているのはあながち奇異でも何でもない。

実際に表面性情を骨がつきやすいように改良したものはその分バイ菌もつきやすくなり両刃の剣と言うことになる。小生が最も信頼を置いているのはS社のハイブリッドタイプのもので統計的に最もいいと思っているが市場ではあまり語られることはない。我々消費者はいつもメーカー主導で振り回されているがこれは研究機関がメーカーから資金を提供されて提灯記事を書きやすいことにある。研究には膨大な時間とお金がかかるので出たデータにはどうしてもバイアスがかかっていると思わざるを得ないのが実情だ。