大相撲もいよいよ後半戦に移り、土俵外の場外乱闘が毎日テレビの画面をにぎわせています。モンゴル勢の活躍は今や土俵を飛び出してワイドショーでも華やかなもようです。

現職の横綱が平幕の同郷力士に思い切り”喝”を入れたというので相撲協会はハチの巣をひっくり返したような騒ぎ。相撲界は改めて縦社会だなと思いますが、そこに反旗を翻した平成の大横綱もなんだかやっているのはちぐはぐでわけがわからない。

昔千秋楽でパンアメリカン航空の日本支配人が”ヒョーショージョー”と言ってたどたどしい日本語で表彰状を読みあげていたのは名物でみんな楽しみだった。そのころは土俵に上がる外人はそのおじさんだけ。やはり相撲は日本人だけでやっていただきたい。大相撲が力の強い外人をむやみに入れて単なるお金儲けのスポーツと化してしまってからはどうにもつまらなくなってしまった。昔はもろ差しで吊りを得意にした明武谷とか突貫小僧富士桜、それにも揉みあげが長くて立派な力士(名前は忘れました)とか一目でわかる個性的な力士がたくさんいましたが、今はむやみにでかいDEBUばかり。やっと出たサーカス相撲の宇良はけがでせっかく上がった幕内の土俵から消えてしまったのが残念!

相撲は神様の前に奉納する神事として始まったと言います。若い力士の皆さんはビデオで双葉山を手本に心技体を鍛えて精進していただきたいものです。

素晴らしい絵の才能を持つ日馬富士。頭も良いのに勿体ないことですな。

短気は損気です。「堅忍不抜」の貴乃花に訴えられるとは皮肉です(笑)。