広島カープの大打者だった衣笠祥雄さんが大腸がんのため逝去されました。享年71歳とは早すぎる死です。進駐軍兵士とのハーフで誕生したので子供のころは随分いじめにもあったでしょうが記憶に残るのはいつも人懐っこい笑顔ばかりです。京都の名門平安高校から入団しすぐにどでかいアメ車を買い米軍キャンプまで出かけてバーに入り浸っていたそうですから当初は素行が悪かった。でもその後に出会ったコーチや監督が素晴らしい人ばかりで人格が磨かれたようです。若い時の出会いというのはことほど左様に大きいものがあります。

広島カープの監督になってもおかしくなかった人物でしたが、成績が悪ければ国民栄誉賞という名前に傷が付くとの思いから監督は固辞した模様です。どこまでも謙虚な人でした。巨人戦で西本投手から肩甲骨骨折のデッドボールを受けた際も乱闘になって西本投手が傷つくのを恐れて”危ないから下がっていろ”と言ったと言うから立派です。顔はハーフでも心は日本人以上に日本人でした。王さんと衣笠さんは本当に国民栄誉賞に値する人物ですね。

衣笠選手の代名詞はフルスィング。

500本以上も本塁打を打っていながら盗塁王にも輝いた万能選手でした。

王選手同様、せこい流し打ちなど絶対にしない本当のプロフェッショナルとはこの人の事。