他院からの御紹介の患者さんで骨造成を行いすべて順調に処置が終了し上物の歯まで入れた方。

とても喜ばれて今度は奥様をご紹介いただきました。

伺うと大変に長いインプラント治療歴がありながらどうもすべてうまくいかずやり直しの連続でした。

あらためてシミュレーションをやり直しして適切な場所にインプラントを入れ、何十年ぶりかで全部の歯がそろいました。

技工士も気合を入れて作ってくれましたのでとてもきれいに歯ができました。

やっとご家庭に笑顔が戻ったそうです。良かったですね。

今までの治療がうまくいかなかったのは国産のインプラントを入れていたせいもありました。

アドバンスなケースには対応できないタイプだったのです。

インプラントは単純ではありません。歯科医師側も患者さんの啓もう活動を行うのが必要です。

今は学会でも一般市民向けのものをやるようになりましたのでぜひそういう場に出かけられてインプラントの情報を入れられるといいと思います。

そういう機会が持てない方はどんどん歯科医師にお尋ねになるのがよいでしょう。

聞くは一時の恥、聞かぬは末代の恥というではありませんか。