地元仙台の大きなロータリークラブに入れていただいたのは41歳の時ですから今から18年ほど前のこと。

様々な職種の方がおられておかげさまでよい社会勉強をさせていただいています。
わたしが入会した時はまだ日本経済は順調な時でしたので会員数は170名もおりましたが現在はぐっと減って107名ほどです。

地元の商店の社長さんや大企業の支店長さんたちが数多くおられるので日本経済の縮図を見るよう。

rotary_20121110

ロータリークラブのエンブレムです。回転する歯車を表しています。

著名会員 [編集]
a.. 松下幸之助(大阪RC)
b.. 伊藤忠兵衛(大阪RC)
c.. 小林一三(大阪RC)
d.. 千宗室(京都RC)
e.. 瀬戸内寂聴(徳島南RC、名誉会員)
f.. 藤山一郎(東京西RC)
g.. 司葉子(恵比寿RC)
h.. 宝田明(池袋RC)
i.. ウィンストン・チャーチル(ロンドン)
j.. マーガレット・サッチャー(ウィストミンスター)
k.. トーマス・エジソン(オレンジ)
l.. ボードゥアン1世 (ベルギー王)(ブリュッセル)
m.. ハッサン2世(モロッコ)
n.. フィリップ (エディンバラ公)(エジンバラ)
o.. ジョン・F・ケネディ(ハヤンニス)
p.. ジョージ・ウォーカー・ブッシュ(ワシントンDC)
q.. ニール・アームストロング(ワポコネタ)
r.. マッカーサー(東京)
s.. レーニエ大公(モナコ国王)(モナコ)
t.. 李明博(韓国ソウル三清)

この中で一人ロータリアン(社会に有益な人)としては
ふさわしくない人がいますがさて誰でしょう??
ロータリークラブは世界不況時代の1905年にシカゴで数人の仲間たちが始めたクラブです。

当初は例会場を輪番(ローテーション)で回っていたのでロータリーという名前になったのです。

そこではクラブの仲間同士が倫理的に正しい仕事をすることで社会が良くなり自分の会社も良くなるという共通理念で始まりました。

これを職業奉仕と言います。
また、ロータリー会員の行動基準に四つのテストというのがあります。

言行はこれにてらしてから

1.真実かどうか ”Is it the TRUTH?”
2.みんなに公平か ”Is it FAIR to all concerned?”
3.好意と友情を深めるか ”Will it build GOODWILL and BETTER FRIENDSHIPS?”
4.みんなのためになるかどうか “Will it be BENEFICIAL to all concerned?”

これは商売をするものの基本理念としてはまことに優れたもので、わたしもいつもこれを念頭に置いて診療しているのです。

そのほかにも標語として

「超我の奉仕」”Service Above Self”

「もっともよく奉仕する者、最も多く報いられる。」”One Profits most who serves best”

がありますがこれらは渋沢栄一の精神にも共通しています。
ロータリークラブは世界的にはポリオプラスと言うポリオを世界中から撲滅する活動に長いこと力を注いできましたが、もう一歩のところまで来ています。

アフリカの一部にまだありますが今世紀中には間違いなく達成できるでしょう。
さて開業医はどうしても同業者としか集う機会がありませんので他業種の方のお話をお伺うのはとてもためになり世界が広がります。

自己中心的な人間にならないようこういったクラブ活動を生かして社会とかかわっていくのは本当に有用なことだと今更ながら誘ってくれた高校の同級生たちに感謝の毎日なのです。

”持つべきものはいい友”は古来の格言でした。