六年間会議に出ていれば自動的に生涯月20万円の年金がついてくると言う日本学術会議。

自国の軍事研究は禁止しておきながら中国共産党の軍事研究にはせっせと協力し

覚書まで交わしている売国団体の実態が明らかにされている。

 

政府に任命拒否されたことで声を上げているのはいつもの左巻きの面々。

いずれ小泉今日子もツイッターや何やらで声を上げるだろう。暇だから。

 

学問の世界は世間一般が考えているほどピュアーでも何でもない。

既得権益を持つ教授がすべてを差配するゆがんだ世界であることは関係者ならだれでも知っている。

 

政府の任命拒否が面白くないのなら、特別公務員の肩書を捨てて自由にやればいい。

 

日本の学術会議は解散して清算し、余った金は生活苦の学生に奨学金としてやればいいのだ。