一流メーカーのインプラントを早く上手に入れるのは術者のスキルだが結果として患者の苦痛軽減に大いに役に立ちます。出血や腫れ痛みをほとんど感じさせずに快適なインプラント手術につながるのです。ひとつはガイドを利用する方法ですがこれは設備も必要で初期投資は莫大なものになりますので、一年間にまとまった数のインプラント需要がある歯科医院しか導入できません。年に数本のインプラントに数十万から数百万の投資は出来ませんね。完全に大赤字です。

そのように、あまりインプラントの機会がない歯科医院にお勧めしたいのは自家製ガイドとストッパー付きのバーのセットです。自家製ガイドは模型を作り、歯が抜けた部分に印をつけ即時重合レジンで残った天然歯にかぶせる形で位置決めのためのガイドを作ります。これは簡単で費用もかかりません。滅菌消毒をして手術場に持って行きます。印をつけた場所に最初に2ミリのバーで軽く穴をあけ、方向指示棒を立てて、ずれていたらあらためて角度を調整します。正しい方向に半分くらいの深さにドリリングをしたらストッパー付きのバーに変え、安心して所定の深さにドリリングをします。二か所でも三か所でも同じやり方で簡単にドリリングができます。

今日は午前午後と2症例のインプラントを行いましたがストッパー付きのバーの威力は大きく、ものの10分ほどで終わりスタッフも患者さんもあれれ?という感じでした。恐らく腫れも痛みも出ないでしょう。手術で一番時間がかかったのは術前の口腔清掃でおよそ30分でした。