ノーベルバイオケア社の推奨するオールオンフォーは宮城県では当院を含めごく少数の歯科医院が採用しているにすぎない(ノーベルバイオケア社談)が、業者の話ではなんちゃってオールオンフォーもあるらしいから実数は不明である。

ノーベルバイオケア社の講習をきちんと受けてしかるべき指導者について勉強しないと成功はおぼつかないのだが見よう見まねでやって失敗するのは洋の東西を問わずあるようで、以前話を聞いたドイツの歯科医師がドイツでは散々オールオンフォーの失敗を見ているので自分はやらないと話していたのが印象的だった。小生はたくさん手がけているが旨く行かなかったのは物凄い咬合力を持った若い男性で、一年後に脱落したたった一例だけだから悪くない治療法だと思うが、慎重を期すれば従来法で時間をおいてやるにこしたことはない。

この患者さんは窓口業務なので発音に支障の出る入れ歯を入れられないということで、ノーベルクリニシャンでシミュレーションを行い抜歯即時インプラントですぐに固定式の仮歯を入れた症例。

骨がすごく痩せていたが極めて初期固定性に優れたインプラントの”ノーベルアクティブ”を採用したため細いインプラントでも問題なく経過している。、

ノベタ ケ01

初診時にしょっちゅう外れる上のブリッジを、市販の接着剤で自分で付けて!お見えになった。

ノベタ ケ09

上顎の残った歯はすべて抜歯し、即座にインプラントを埋入し完成した時の口腔内写真です。

のべた完成

骨が薄いのですべてナロータイプのノーベルアクティブインプラントで対応しました。こちらはオールオン5ですね。