小生が主催のインプラントアカデミーには初心者からベテランまでいろんな歯科医がおられます。

初心者にはすべてが難しく、ベテランには自分の技量の見極めがこれまた難しい。

両者に共通するのはどんな手術をやれば危険がなく安全にできるかということでしょう。

二次元のレントゲンでやってきた熟達の氏はCTを見れば立ちどころに頭の中に立体像が浮かぶでしょう。

それでも切開して大きく開くオペでは術後の腫れや出血で患者さんが苦痛を受けるということは変わりありません。

そこで無切開短時間治療のガイド治療ということになりますが、これはシステムを高い金を払って買わないと何ともなりません。

沢山インプラントの患者さんがお見えになる歯科医院ではすぐに元も取れるでしょうが月一本とか年に数本とかの歯科医院では経費倒れになってしまいます。

大学病院にCT撮影を依頼すると三万三千円かかり、大して役に立たないビュアー付きのものが二週間後くらいに届けられるだけです。

この不便さを解消するために私の歯科医院ではCT撮影の依頼を引き受けています。

撮影してインプラントにシミュレーションまで自分でできるビュアーを付けて大学の三分の一の費用で済むのです。

会員からはもちろん来ますがHPをご覧になった市内の先生からも時々依頼があります。

皆さん一様に鮮明な画像に驚かれます。

あまりクリティカルでない骨幅のある症例にはビュアーを見ただけで無切開でインプラント治療が簡単に出来重宝されています。

ガイド治療の入り口として積極的にCTビュアーを用いた無切開治療を全員にやっていただけたら患者さんも歯科医師もみんながハッピーになれるのでどんどんご依頼ください。