プラーク中の病原菌が歯周病やインプラント周囲炎を引き起こすことはよく知られていますが、唾液中のこれらの細菌を調べることでインプラント希望患者のスクリーニングに役立てられるかどうかを調べた研究が出ていました。

それによると大いに両者は相関関係があり特にP.Gingivalis,Aggregatibacter actinomycetemcomitansなどの歯周病を引き起こす強い毒性を持つ病原菌が歯周の状態と密接に関係していたので、インプラント治療に際してはまず歯周治療をきちんと行い菌を減らしてから治療する必要性があるということです。

20140802_journal-01

                                   唾液中の病原菌の検索データ

唾液からのスクリーニングでこれらの病原菌が検索されば治療計画に大きな影響を与えるものと思われます。

唾液を採取すればいいだけの簡単な検査ですのでこれからの事前検査には欠かせないものとなっていくかもしれませんね。