先日一年がかりでインプラント治療を終えられた患者さんが次の日にお見えになりなんだか歯が動く気がするとおっしゃいました。
臼歯部にサイナスリフト、前歯部にはピエゾサージェリーで骨の開削をした方です。

この方は前歯部と臼歯部にインプラントの固定性の上部構造が入り、中間部には天然歯の修復を数本させていただきました。

そのうちの一歯が歯周病で骨吸収があるため少し動きますが生理的な動揺の範囲内。

周りががっちりしていて動かないため不思議な感じを持たれたようです。

小生は出来るだけ無駄な抜歯は避ける治療方針で歯周病罹患歯も治療で残します。

リンデ先生の教えに忠実に治療しているのです。

そして動く歯と動かないインプラントは連結しません。これは力学的な常識です。
そういうわけで大掛かりなインプラント治療でも流行りのオールオンフォーのように戦略的な抜歯は行いません。

オールオンフォーは必然性のある患者さんにだけ。

なので時として残された自分の歯が周りの動かない歯に比べてひどく動く感じになりますがそれは歯根膜のあるせいなので心配はいらないのです。
十分長い間その歯をお使いいただいていよいよ駄目になったらインプラントにすればいいわけで最初から大事な自分の歯をぬいて何でもインプラントというのは私はとりません。

事情をよくお話したら患者さんも喜んでお帰りになりました。
自分の歯は最後まで、親に感謝しながら大事に自分で守りましょう。