来年仙台ロータリークラブが80周年を迎えるので、親クラブの御挨拶をお願いしに帝国ホテルで行われる水曜日の例会に幹事の柴田さんと二人で出かけていきました。受け付けで案内状を現会長の岡本理研ゴムの会長さんに手渡し確約を取った後は例会でマンウォッチングです。同じテーブルの会員さんは見るからに物凄いお年寄りでしたが、周りを見渡しても全て人生の大ベテランばかりでこれには圧倒されました。日本の上場企業のトップの方ばかりなので良くテレビでお顔を拝見する方も多い。長年女性会員を入れないクラブでしたが昨年ついに3名入れたとかで元大臣の川口順子さんがいました。女性会員がいると華やかになるといいますが300名に3名では焼け石に水(笑)。高齢者が多く老人クラブのようでした。

世界のロータリークラブで会員が減少しているのは日本だけとも言われます。困っている方たちを助ける民間の奉仕団体としては、若い人を入れて活性化させなければ減少傾向は止まらないでしょう。友好クラブの台北パロンポンクラブは和気あいあい楽しそうに奉仕活動をやっています。老齢の会員は後ろからしっかり補佐することで若い会員が自由に活動をしています。高齢者の多い親クラブを見て考えるとこと大でありました。