サイナスリフトは直接上顎洞内を目視できるので安心してやれますが、ソケットリフトはそれに比べて直接見えなく不安があるので今までほとんど行いませんでしたし勉強会の先生たちにも勧めてきませんでした。

しかし今年マグネチックマレットという素晴らしい機会を手にして症例を選び行うことにしました。

本日の患者さんは以前に先欠歯にノーベルガイドでフラップレスインプラントを行い素晴らしい結果が得られた方。

今度は乳歯の晩期残存がぐらついてきたので抜歯をされそのあとのインプラントをご希望でした。

抜歯後数ヶ月待ち歯肉と抜歯窩の治癒が済んだあとCTを撮ると右側は残存骨1mm、左側は6mmです。

そこで右側はサイナスリフトとインプラントの同時埋入を、左側はマグネチックマレットを使用したソケットリフトを計画し行いました。

20131226_lsandsckt_01

           右側サイナスリフト

オペは順調に進みましたが右側のシュナイダー膜に穿孔が認められました。

これは乳歯の根尖が洞内に出ていたものと思われます。

造骨材の洞内への移出を防ぐために吸収性のメンブレンを一枚入れそのあとでインプラントを行いました。

20131226_lsandsckt_02

            左側ソケットリフト

左側はマグネチックマレットで簡単にストレスなくソケットリフトが完成し同粘膜の穿孔を防ぐため導入したストローマンインプラントで初期固定も十分でした。

20131226_lsandsckt_03

             術後のレントゲン像
右側は6ヶ月、左側は4ヶ月おいて上部構造の作成に入ります。
お楽しみに。