昨年末に下顎にインプラントを行った患者さん。本日は上顎にノーベルガイドを使った外科用ガイドを用いたオールオンフォーインプラントを行いました。スタッフがインフルエンザでお休みしたため一人で二人分の仕事をしましたが簡単に終わりました。口腔内を清掃した後手術室に移っていただき、アンカーピンの位置に麻酔を行いガイドを口腔内に固定できることを確認し、ガイドを外し手術部位全体に麻酔を行いました。あとはガイド通りにインプラントを埋め込むだけです。出血も無く短時間に手術は終わりました。その後使っていた入れ歯を改造し固定式の仮歯を作成し装着しついに取り外すことなしに食事ができます。4ヶ月後に完成予定です。

オオノ ケン01

初診時の口腔内です

オオノ ケン02

グラグラのブリッジが入っていました

オオノ ケン03

下顎は奥歯があまりありません

大野初診1

上顎はひどい歯槽膿漏ですべてが抜歯対象でした

大野1

シミュレーションによりインプラントの位置を決めました

大野2

顎骨の中に余裕を持って計画します

大野3

理想的なインプラントとガイドを固定するアンカーピンの位置をラジオグラフィックガイドで決定します

大野4

外科用ガイドが設計出来たのでスェーデンにメールで発注します

大野上顎

下顎にはストローマンを、上顎にはノーベルをオールオンフォーで入れました