今日は上下の歯が進行性の歯周病に侵されすべての歯が保存不能の方に、あらかじめ抜歯を想定した外科用ガイドをノーベルクリニシャンで設計作成しインプラントを入れました。抜歯後に局所の掻把や清掃に時間を費やしたので少し時間はかかりましたが6本入れて綺麗な仮歯まで完成して終了しました。細いインプラントも必要だったため力学的に4本では無理でしたので、2本追加してオールオンフォープラス2でした。臼歯部は角度付きのアバットメントが必要なので歯肉から金属色が少し見えますが仕方ありません。ジルコニアのものが早く出るといいのですが当分そちらは望み薄ですというか物性的に無理でしょう。

拝見すると下顎もすべての歯が今にも抜けそうでしたので、いずれそちらにも義歯かインプラントが必要になってくると思われます。とりあえず片方だけでもきちんとした歯が入って良かったですね。