もう過去の話だと思っていた森友問題がまたもや国会の話題になっているが、火元は相変わらず真っ赤な朝日新聞。隣の半島で戦争がはじまりかけていたり、大陸では周近平が毛沢東並みに生涯主席制をたくらんでいるという恐ろしい状況なのにお花畑の新聞だ。安倍憎しは国会で首相に取材力不足と散々愚弄されたからなのか文章の書き換え疑惑とやらで大騒ぎをしている。朝日新聞は以前はクオリティーペーパーとしてその名を誇り社員も他社に対する優越感を隠そうともしなかった(給料も断トツに高い)が、日本の誇りを粉々にしてしまった吉田清治の従軍慰安婦偽報道事件や、東電の吉田所長の偽情報で実はイエローペーパーだったとすっかり国民に見放されてしまったはずだがどっこい生きていた(笑)。本当にしぶといね。

朝日新聞は日本人であることに何か劣等感を持っているのだろうか。日本に誇りを!と叫ぼうものなら躍起になって引きずり降ろしに駆けつけてくる。いっそ本社を半島か大陸の会社に売却しその日本支社として活躍されたらいかがなものか。それならだれも文句は言いませんよ。昔一読者だった者からの提案です(笑)。

ごめんなさいをしたはずなのに。

社旗が未だに半島人が嫌う晴天旭日旗なのは可笑しい。

赤い赤い真っ赤な朝日新聞。みんなに好かれる日が来るといいのにね。