昔のシナの話で、ある人が飼っているエテ公に朝に三つ夕方に四つの餌をやると言ったら

いくら何でもそれは少ないと騒いだので、

それでは朝に四つ夕方に三つならどうだ、と言ったらエテ公はたいそう喜んだと言う話。

 

こんな感じでだまされる人もあろうが、今般厚生省からコロナ禍で患者が激減した開業医に

本来なら6月に払われる診療報酬を五月分の8割まで特例として支給する旨恵んでくれるとの

ありがたい連絡が来ました。

 

でも本来の支給月には残りの2割しか来ないそうですからまさに朝三暮四。

 

特例なら本来の診療報酬を倍掛けするぐらいのことを言えないのかね。

 

役人は開業医をエテ公並みの頭としてしか見ていない、ということが分かっただけでも

コロナの力は大きかった。