と言っても他院からのご相談ケースですが、インプラント埋入後の痛みが取れずどうしたらよいかとのご相談。拝見すると恐らく手術時の熱で骨が焼けインテグレーションがうまくいかなかった模様です。露出しているカバースクリューにふれると痛みを感ずると言うし、触ると少し動くようです。痛みの理由をお話しし簡単なので前医にて撤去していただくようお話ししましたがもう前医には行きたくないとのことで困りました。

時として固すぎる骨は柔らかすぎる骨より面倒です。骨が軟らかい場合は免荷期間を通常より長くとれば問題ないのですが、レントゲンで真白な硬い骨は難しい。ドリリングで出血しない時はまずインプラントはあきらめないといけません。硬化性骨炎を起こしているのでインプラントに生きた骨細胞が生着しないのです。二次元のパノラマレントゲンでは分からなくとも三次元のCT撮影を行うと簡単にわかりますのでCTは必ず撮らなければいけません。

念には念を入れても臨床は何があるかわかりません。インプラントを行う歯科医師はたくさん勉強して良い治療を心がけましょう。