5月の連休は東京に本を買いに出かけた一日を除き実家の畑仕事に精を出しました。

父が亡くなって2年、主のいなくなった田舎の土地は荒れ放題で、ちょっと行かないでおくと背丈ほどの高さの雑草に家ごと覆い尽くされそうな勢いです。

そこでせっかく畑もあるので、土地の管理も兼ねてわずかばかりの野菜を栽培し始めました。

しかし農業を始めると言っても当方ずぶの素人。

garden_20110507_02

日曜の朝NHKテレビで趣味の園芸なるものがあることを知りまずはお勉強。

そのテレビでは何とあの西條秀樹さんが長靴を履いて農作業をやっています。

採れた野菜を美味しそうに食べて”秀樹感激~!”をやっていました。
手始めに近くのDIYのお店に行って農作業の道具をひとそろい誂え、石灰やたい肥、化成肥料や山土など山ほど買いこんでまねごとを始めました。

初めてみると雑草があれほど根が深いとは思いませんでしたし、種や苗を植えた後の手入れがこんなに手間がかかるとは!

農薬を使わない有機栽培は雑草と虫との戦いです。

garden_20110507_01

可愛いモンシロチョウもキャベツの葉には天敵の青虫を生み出しますし、虫対策でビニールの囲いをすれば干からびないように毎日水をやらねばなりません。

今更ながら農家の方々の苦労がしのばれます。
それでも苦労の甲斐あって夏から秋にかけてたくさんのナスやキュウリが採れました。
ミニトマトにいたっては始末に負えないほどの大収穫。

ししとうやピーマンもすさまじい収穫量で3人家族ではとても食べ切れません。

御近所に押しつけて少しはさばけましたが残りは冷蔵庫の中で生ゴミと化しました。
また昨年は炎天下で3時間ほど草むしりをやって夜にワインを一本飲んだのが悪く、次の日に運転中に胸が苦しくなってアウトになりかけました。

近医に見てもらったら脱水症状とのこと。

点滴はいいからダイエーでポカリスエットをひと瓶飲めば治るよと言われ、そうしたら2時間ほどでけろっと胸の痛みが取れました。

医者が言うには脱水症状は意外に危険だよとのことで、そういえば去年は猛暑のために日本中で熱中症で死者が出ていましたね。
最近は家庭菜園ブームだとか。

皆さんもくれぐれも炎天下の農作業にはご注意あそばせ。

去年はナスとキュウリに殺されかけましたので(笑)。