9月13,14,15日と福岡で日本口腔インプラント学会が開催されました。

13日は私たち専門医の教育講演があるので一般の皆さんよりは一日早くの到着でした。

つまらない教育講演後に、一緒に行った佐藤さんと小枝先生と32℃!もあるクソ暑い街をさまよい汗だくになりながら夜の博多を楽しみました。

最初に行ったのはホテルで紹介された割烹で、イケスで泳いでいる烏賊のフルコースをおなか一杯に食べた後、だらだら歩きして店の外を流れる川岸にある薄汚い屋台に入り博多ラーメンを一口。

独特の風味に美味しいと言いながらもお腹がいっぱいでほとんど残したのは残念。

屋台には外人さんがいっぱいで観光名所になっているのがよくわかります。

みなさん器用に箸を使ってラーメンやおでんを食べていました。

屋台を出た後は仙台とは異なり凄い演奏ばかりのジャズフェスティバルを眺めながら川岸を散策し、外国人が飲んでいた小さなバーで水割りを飲みラーメンで火照った身体を冷やし、最後はキャナルシティーの外資系ホテルに入りピアノを弾きながら歌う外人の美人さんを眺め美味しいカクテルを飲んで帰りました。

博多は仙台の何倍も大きく華やかで、夜遅くまで若者が楽しく遊べる素敵な街ですね。

九州の大学に行くべきでした!でも美人は皆長崎から来るそうです。

翌日は夕方6時まで学会の各会場を回りながら発表を聞き、気に入った歯科材料を注文し楽しみました。

夜はバイオメット3iのアメリカ本社の社長のバートさんと副社長のラーズさんそれに翌日講演されるアランさんと私のアカデミーの先生方数名と美味しい和食をいただきながら、大いにディスカッションをいたしました。

こちらの意見を聞いていただき、来年はオーストラリアでコースを開くことに全力を挙げるとの確約をいただきました。

今からとても楽しみです。

学会最終日は用事で早く帰らねばならないので昼過ぎに北海道医療大学の先生たちとタクシーで空港に向かい、台風の影響で多少遅れましたが何とか無事に帰ってまいりました。

翌日帰る先生方は飛行機が飛ばずに困ったことだったでしょう。

うちの受付嬢は京都から戻れず翌朝早い新幹線で帰ってきたので皆さん大変な思いをしたことと思います。

次の学会は11月に同級生の木村教授が主宰の東北北海道支部会が弘前で行われる予定です。

会場で「演題が少ないので出してくれよ。」と頼まれましたがすでにもう出してありますのでご心配なく。

仲間たちと参加させていただきます。
それにしても学会員の数の多さには本当にびっくり!!です。

聖子ちゃんの亭主になった後輩も講演で来ていましたね。

皆さん大いに勉強して事故のないようにお願いします。