9月の日本口腔インプラントアカデミー例会は25日に宮城県歯科医師会館1階 視聴覚室で行われました。

発表者は私と熊谷先生、岩手の佐藤先生の3名でした。

私は抜歯即時インプラントで即時全顎補綴を行ったもの、サイナスリフト症例、進行した歯周病患者の歯はどこまで残しながらインプラントが出来るかなどをお話ししました。

熊谷先生は患者さんへの診療情報の伝達ソフトを使用して無用なトラブルを防いでいるという、いいお話でした。

岩手の佐藤先生は今回が初めてで動画ソフトが動かず残念でした。次回に期待します。

終了後はクインテッセンス出版の山形さんと皆で大いに懇親を深めました。