今年初めにお見えになった患者さんで上下顎進行した歯周病で良く噛めずにインプラントを希望された方がありました。早速ノーベルクリニシャンでシミュレーションを行い上下ともオールオンフォーでインプラントを行うことにしました。でも残っている歯の歯周病がひど過ぎてそのままではインプラントに感染を起こしそうです。そこで抜歯の前に歯周病の基礎治療を行うことにしました。衛生士嬢が丁寧にブラッシング指導を行い歯石を取っていくうちにみるみる歯肉が生気を取り戻し抜歯をするのは職業倫理上許されない事態に変化をしてまいりました。

そこでほぼ抜けている上顎は数本を残して抜歯し仮の入れ歯を作り骨の回復を待ち、下はこれもほぼ抜けている大臼歯だけ抜歯して他はすべて残すことにしました。歯周補綴です。最近はむやみに抜歯してオールオンフォーを行う悪い傾向があります。自分の歯はだれでもできるだけ残したいものです。歯科医は時間がかかっても最大限残す手助けを行いたいものです。