一年中いろいろなオーディオ機器を買ったり売ったりしていますが、ここらで整理してスピーカーはひと組だけにしようと思い立ち、知人に分けてあげたり業者に頼んで処分することにしました。

いずれもオーディオ史に残る名器ぞろいなので割安で手に入れるには絶好の機会です(笑)。

小型スピーカーは音楽の友達に、大型スピーカーは銀座のお店で処分してもらうことにしました。大型の製品は日本にほとんど在庫の無い超名品なので、お宅をたくさんお持ちの化粧品会社の会長さんに行きそうだと連絡がありました。

せっかく大型スピーカー用に作ってもらった真空管アンプもこちらは関西の知人のところに嫁ぎました。暮れに伺ったら極めて美音でクラシック音楽を奏でており安心しました。捨てる神あれば拾う神ありです。いいものはみんなで無駄なく回して使いたいですね。

それにしてもどうして昔のイギリスのスピーカーは音が良いのでしょう。オーディオの進歩が疑われます。

イギリスの名品スペンドールBCⅡはクラシック音楽を心行くまで堪能させてくれます。

こちらもイギリスの銘器ローラセレッションのディットン66.ピアノの響きが神がかり。