歯が痛いと言って来院される患者さんのレントゲンを撮ると一見何でもないように見えることが良くあります。学会で留守にしている時に見てもらった患者さんがやっぱり痛いと言って来院されました。

根尖病巣は二次元のレントゲンではよく分かりません。バイトの先生はきちんと根幹治療をしてくれていましたが、CT撮影をしてよく見ると根周囲全体に広がる極めて大きな歯根膿胞が見られました。頬側、舌側ともに極めて大きな膿胞でやがて上顎洞を突き破ろうかという大きさです。副鼻腔炎を発症しては危ないので抜歯させていただきました。抜歯窩の掻把をしたらすごい量の膿で驚きました。これは根管治療では治りません。

医学機器の発展はすごいものがあります。CTはすべての歯科医院に必要だと確信しました。

抜歯したら右上7番は根尖全体が膿胞に包まれていました。

きっと大学では面倒な根幹治療をして最後はあきらめることでしょう。

抜歯をして膿胞の大きさに驚きました。CTの威力はすごいものがあります。