歯科医院で歯型をとった後、クラウンやらインレーやら、義歯を作るのが歯科技工士です。

以前は自医院内に技工士がおりましたが技工に伴う環境汚染を避けるため今はすべて外注です。

はやりの言葉で言えばアウトソーシング。
奥歯はともかく審美性が要求される前歯では上手な技工士さんの存在が不可欠で外注費用は時として患者さんからいただく費用を超えるものもあります。

虫歯のばい菌も天然歯と間違えるだろう!というような素晴らしいセラミックのクラウンを作る人もありこれはもう芸術品で現代の名工と呼ばれるべきでしょう。

そんなセラミックはバカ高くとても患者さんに請求できる金額ではありません。

technical_material_20121216

                       審美技工物 これは技工料が高いです。

もちろん私のところではそんなすごいのを入れたら技工料金で医院経営がパンクしてしまうので残念ながら人間国宝ものの技工士さんに発注は出来ません。

しかし全く素人同然から鍛え上げた技工所が様々な経験をして素晴らしい技工物を作るに至っていてほぼ満足できる仕上がりです。
大都会と異なり仙台あたりでは自費治療は限界があります。

インプラントの雑誌の編集長が症例を下さいと何度かお見えになりましたがお断りしました。

雑誌に載るような芸術品の技工物は当地ではできませんし、そんなものは意味が無いと思っているからです。
ある程度の審美性ときちんとした機能性が満足されれば消耗品の歯科技工物は十分だと思っているので重箱の隅をつつくような指摘をする患者さんは地方都市には難しいと思います。

大都会で再現なく費用をかけて理想の色と形を追求していただければということです。

technical_material_20121216_02

ノーベルバイオケア社のプロセラは技工物の精度が高くぴったり合うので理想的な技工物が作れます。他にシロナのセレックも自院で作れる優れものです。コンピューターの進化は10年前に比較し治療の質を劇的に変えました。

最近前歯で何度も色と形を気にして技工所とバトルロイヤルをしている人がいましたがやっと落ち着いたようです。

前歯一本だけ直すというのは特に難しく色調を左右同一に仕上げるのは至難の業なのです。
技工士というのは本当に大変な仕事だと思います。

来年もよろしくね。