先日歯科矯正医と話をしていて顎の骨格系に異常のあるいわゆる顎変形症の患者さんは、

いろいろ治療してみても咬合異常に起因する要因からうまくいかないですよ、と言う話を伺った。

 

開業医の弱い所は他院で治療がはかばかしくない方に頼まれると、いやとは言えないところです。

大学を含む大病院であれば各科で連携し治療の可否を決められますが町医者ではその判断が難しい。

つい手を出してあれあれということになりかねません。

失敗の大半はこれです。

でも医は仁術と言う言葉もあるので難しい所ではありますが、

時には仏心鬼手で断る勇気も必要でしょう。

君子は危うきに近寄らずとは開業医のためにある言葉なのです。

 

顎変形症の患者さんが増えている現代はその傾向がますます顕著になるでしょう。

歯科医院には矯正医が常駐する時代になったのかもしれませんね。