春の気配が忍び寄って来ましたがこの季節はまた試験の合格発表の季節でもありますね。

私が東北大学に入ったのは今から40年近く前になります。
当時の東北大学歯学部は人気も高く合格最低点は医学部よりも高かったそうです。

全国から秀才が集まったとは到底思えませんでしたが?個性的な面々でした。
卒業生はほとんど大学には残らず勤務医の道を選択しました。
でもインプラントを診療に採用しているのは私と近くの友人の二人だけです。
昔はインプラントがあまり信用されていなかったのと、入れ歯やクラウンで十分に患者さんも満足していたのでしょう。

現在若い歯科医師はインプラントと矯正をやらないと生活が成り立たないそうです。
歯科医師が増えすぎたのと保険点数が低すぎることが原因です。
私立の歯科大学は軒並み定員割れで不合格者は試験に来なかった者だけ・・・
などと揶揄される始末です。

我が家の息子は親父の仕事にはあまり興味がないらしく、積み上げた知識や技術は私一代で終わりのようです。
そのためこれから若い歯科医師を指導して後継者を育成するのが残りの人生の仕事となりそうです。