今年も苦労の甲斐がありたくさんの野菜が取れました。

それでも失敗して全く駄目なのもあり、ニンジン、ジャガイモ、チンゲン菜は芽が出ただけで大きく育たなかったり虫に食われたりで収穫ゼロでした。
先週から健康維持のために万歩計をつけて歩いていますが、いいことがありました。

実家周辺を一時間ほど歩きまわり農家の畑を眺めていたときのこと。

ひと畝ごとに異なった作物を植えそれがすべて見事な収穫期を迎えていたのです。

ネギ、枝豆、小松菜、キュウリ、ナス、トマト、ニンジンと全部種類が違うのですね。
肥料も違うだろうに見事だな~としばしとどまって見惚れてしまいました。

やはりプロの技は凄いものです。

ビニールハウスで育てているわけでもなく路地植えです。

きっと毎日丹念に雑草を取り水をやり追肥をやって育てたのでしょう。

子供を育てるのと同じ気がしました。
毎晩会合で飲んで遅く帰り小さかった息子に「今日はお父さんと会えるかな?」などと言われていた昔を思い出しました。

もう少し早く畑仕事をやっていたら良かったと今更ながらに反省です。
”世の中、自分以外皆師”というのは本当ですね。