このところずっと趣味のオーディオや中古のクラシックレコードをヤフーオークションで買うのが習わしになっている。レコードに関しては特定の出品者の方からしか買わないので外れは無いのだが、オーディオはそれこそピンからキリまでの千差万別の当たり外れ大ありです。

5月と6月に落札した古いCDプレーヤーはいずれも最初は素晴らしい音がしました。感激のあまりすぐお礼のお電話を差し上げたほどですがそれが翌週にはビーンと言う凄い音を出して昇天してしまいました!がっくしです。なじみのオーディオ店に持っていったら古いもので部品が無くて修理不可能ですとのこと。十何万をどぶに捨てました。でもまああこがれの器械でいい音を一瞬でも聴けたのは幸せだったと納得するほかありません。

昔から言われる安物買いの銭失い。今まで散々オーディオでは体験してきましたがいまだに現在進行形です。治らないね(笑)。

美しいデザインのKrell社 CD-DSP CDプレーヤー。4日目に昇天しました。

50倍以上高いスイス製のCDプレーヤーも買いましたがすぐ友人に売りました。

どうもアナログ時代に近い物の方が音は良いようです。