テレビをつければ食い物の番組がやたらと多い。大腸がんで入院していた父は入院中の楽しみと言えばテレビだけ。チャンネルをひねると食べ物の番組ばかりで自分は食べられないのにと看護師さんにこぼしていたことを思い出す。

さてテレビ東京で放送され大人気となった「孤独のグルメ」。主人公は輸入雑貨を扱う個人商店を経営している中年男の井の頭五郎さん。旅先で定食屋に入って美味しそうに食事をするだけの番組なのだがこれが極めて面白い。今年でもう第七シーズン目に突入とのことです。前回は仙台で牛タン屋に入り、その後に女川の”ニューこのり”で海鮮どんぶりやアナゴのてんぷらを食していました。痩せて胃下垂気味の身体をしている松重さんだが、前日から食事をしないでロケに入っているそうだから大したものです。物凄い量を注文し、いかにもうまそうに食べているのが人気の秘密です。

ネットで食べログを見るとどの店もこれ以上の美味しいところは無いようなレビューで満載だが正直言ってどれも胡散臭い。時折5点満点の1点しかつけていないレビュアーがいたりするとそれが本当なんだろうなと思います。実際、仲間たちと行った「予約の取れないフレンチの名店」は客が誰もいなかったし、味も何だこりゃ?だった。また駅にも店を出している有名な塩釜のすし屋は、大皿にこじんまりしたおにぎりみたいに握った(笑)寿司をパラパラと並べて仲間の失笑を買っていた。これほどさように他人の評判はあてになりません。

食べログはインチキばかりではないかもしれないが、一部専門の業者に頼んで書き込んでもらっていたという事件もあったので、くれぐれも騙されないように近くの長い間営業している定食屋で食べるのが基本的には良いと思う。

悪役ばっかりやってた松重さんの当たり役になりました。

4月6日テレビ東京で第7シーズンが始まります。

五郎さんが行った店は後で大評判になっているそうです。

いつも美味しそうで見てるとお腹がすきます。