先日表参道のレストランで大学の同級会が開かれたので上京したついでに出席して来ました。

毎年やっている同級会ですが今年は珍しくも東京開催です。

scm_20121114

表参道のレストランらしい瀟洒な建物でした。
仙台でわたしが幹事の時は全国から集まって22人も来てくれましたが今年はわずか7名。

さびしい限りです。

せっかく骨を折ってくれた幹事さんに申し訳なく思いました。

やはり東京では新鮮味が無いのでしょうね。やるなら地方が一番!と改めて思いました。同級生には沖縄出身者もいるのでお願いしたら5年後ならいいとのこと。

どうやら勤務している地方病院を定年で辞めた後ならということのようですが、はたしてそれまで全員生きているかどうか(笑)。はは。思い立ったが吉日ということを知らないな。
それでも少ない人数で和気あいあいと楽しいひと時を過ごさせていただきました。

話をしたら最近離婚した人や、子供に経営権を譲って勤務医として年金をもらっている人など様々。

卒後33年の年月はそれぞれが傾聴に値する人生模様でした。

わたしは可もなく不可もなくの人生でまだまだインプラント治療の発展に遅れずについていくつもりです。

12月1日にノーベルガイドプランニング教室があるので準備しなくっちゃ!